自然食宅配ゆうきネット:新鮮野菜、産直のお米、無添加加工品などを個別宅配致します。

ゆうきネット
HOME 会社案内 コンセプト 新鮮野菜 産直のお米 お問い合わせ

HOME
商品カテゴリー

ゆうきネット宅配
facebook

はこちらから

北総クルベジ
facebook

はこちらから

育てました・作りました

野菜生産者

静岡県川根町・お茶の陽光農法生産者「小原 厚」さん

静岡県川根町・お茶の陽光農法生産者「小原 厚」さん

静岡県川根町・お茶の陽光農法生産者「小原 厚」さん

昭和53年より、「安全なお茶を生産したい」という思いに駆られ家族の了解をえて陽光農法を始めました。始めの3年間は、農薬や化学肥料をやめた反動でお茶の葉が1枚残らず落ちてしまい大変ご苦労されたそうです。また、収穫できるようになってからも、当時は無農薬の茶葉は販路がなく、病院などに寄付したこともあったそうです。
その後、少しずつ消費者の方にご理解いただけるようになり、今では地元の生産者が小原さんを慕い、陽光農法を始める方もいます。
また、本当に安心して飲めるお茶を作りたいと、2次汚染などの影響も考えてご自身で製茶工場も作られました。
みなさんもぜひ一度、安心安全な清涼感たっぷりのお茶を飲んでみてください。

栃木県益子町・笑顔の陽光農法生産者「藤田 芳(かんばし)」さん

栃木県益子町・笑顔の陽光農法生産者「藤田 芳(かんばし)」さん

水田と畑のすべて陽光農法(有機農法)にて栽培しています。藤田さんが陽光農法を始めたきっかけは、ある日、近所のヤギさんにエサを与えるため畑で取れたレタスを持っていったそうです。当時若く好奇心が強かった藤田農園は、無農薬のレタスと農薬のかかったレタスを同時にヤギさんに与えたそうです。するとヤギさんは、農薬のかかったレタスを鼻でずらし、下になっていた無農薬のレタスを選び食べたそうです。その後、陽光農法にひかれ、勉強をして2年間かけて少しずつ転換して行きました。
今では、作物を観察し対話をしながら、作物からいろいろなことを教わりながら、自然の力をお借りして野菜を育てているそうです。 自然の恵みに「いつもありがとう」と笑顔を向けて、情熱を持って野菜を育てる生産者です。 無農薬では大変難しいといわれるレタス・なす・ピーマンなどを栽培しています。

千葉県・原木栽培しいたけ「佐々木農園」さん

千葉県印旛村・原木栽培しいたけ「佐々木農園」さん

千葉県印旛村・原木栽培しいたけ「佐々木農園」さん

最近、手間のかかる原木栽培の椎茸は、菌床栽培に押されほとんど見なくなりました。菌床栽培は、おがくずを容器の中に圧縮して詰め、殺菌して椎茸を栽培します。温度管理がしやすく安定して収穫できます。しかし、おがくずの殺菌方法や栄養剤の添加など、見えない部分があり多く疑問が残ります。
しいたけは、椎茸菌が木に菌糸をひろげ花を咲かせたようなもの。硬い木に菌糸を張ることで鍛えられ見事なおいしい椎茸を咲かせます。
昭和34年に長野県出身のお父さんがサラリーマンを辞め一念発起して就農し、今は息子さんが後を継ぎ2代目。息子さんも元々は、洋書を輸入販売していたサラリーマン。10年前よりお父さんの手伝いを始め後を継ぎました。
佐々木農園のこだわりは、栄養剤や殺菌剤に頼らない原木栽培、できるだけ年間を通して安心して美味しい椎茸を皆さんに食べていただきたいという思いで栽培しています。

千葉県富里市・純朴の陽光農法生産者「島田農園」さん

千葉県冨里市・純朴の陽光農法生産者「島田農園」さん

陽光農法で土を造り、作物を育てています。今日まで、約40年以上にも渡り農業を営まれてきました。まだ始めたばかりの頃、「農薬や化学肥料などを使わないで野菜を作れたらいいのになあ~」と強く思っていたそうです。
その思いを実行に移して、昭和57年より農薬を使わずに、また有機堆肥を使った農法へと切り換えていきました。しかし、当時は苦難の連続で何度も何度も失敗を繰り返し、それでも諦めずに取り組んでこられました。
島田さんいわく、「農薬を使わないで野菜を作るのは、本当に難しいよ」とおしゃっています。でも何よりうれしい事は、消費者の皆さんに喜んで食べていただけることです。今日まで、無事続けてこられた事をとても感謝していらっしゃいました。
「ゆうき」でご紹介している人参の大半は、島田さんが、育てられた物です。清浄な土の中でじっくりと育った人参は、甘味があり、切り口に蜜がたまった島田農園さんの自信作です。他にもジャガイモや里芋・ゴボウ・さつまいも・キャベツ・白菜などたくさんの野菜を手塩にかけて育てています。

千葉県八街市・有機生産者「内田農園」さん

千葉県八街市・有機生産者「内田農園」さん

落花生で有名な、八街でスイカ・きゅうり・大根・ジャガイモなど1年を通じて30種類ほどの有機野菜を育てています。有機農業を始めたきっかけは、昭和40年の半ばごろ、父が通風となり病院で「食べ物を変えないと治らない」といわれた事がきっかけでした。
その後、大学で有機農業を学び、「農業・食べよう・健康・土」のつながりの大切さに驚かされました。一般実習の畑作物、大きいキャベツ、大根が有機農業で収穫できることに感激しました。
家庭では、家族で「食生活の改善」を心がけ、自家の無農薬野菜をたっぷりと食べて、雑穀(はと麦・もち粟・小豆・黒大豆)を入れた玄米ご飯を毎日炊いています。その後、父は病院からの山ほどの薬ともきっぱり縁が切れました。
堆肥もなるべく地場の物を集めて、美味しい栄養となる野菜作りをしていきたい。そして地域の仲間と、環境を生かし、守る活動をどんどんやります。

栃木県市貝町・安心のにわとりを育てる「ひのき山農場(高田)」さん

栃木県市貝町・安心のにわとりを育てる「ひのき山農場(高田)」さん

以前はサラリーマンで、養豚関係のお仕事をされていました。安心して食べていただけるにわとりを育てたいと思い、関西より引っ越してきて家族4人で養鶏を始めました。 開墾から、鶏がのびのびと暮らしやすい養鶏場作り、餌の自家菜園の野菜などすべてご自身が愛情込めて作ってこられました。
安全な鶏は、まず健康に育たないといけないと、ヒヨコからたっぷりと運動してしっかりと骨を作り、玄米や草などもたくさん食べさせて内側からも健康なニワトリを育てています。
また、遺伝子組み換えやポストハーベスト(収穫後農薬)をしていない国内産の飼料と地域の米ぬか、お酢等も与え、もちろん健康なので抗生物質などの薬剤も一切使用していません。
「ゆうき」では、有精卵を出荷していただいています。