自然食宅配ゆうきネット:新鮮野菜、産直のお米、無添加加工品などを個別宅配致します。

ゆうきネット
HOME 会社案内 コンセプト 新鮮野菜 産直のお米 お問い合わせ

 

rss

トップページ»  北総クルベジ

はじめにクルベジが生まれるまでのお話


 

私たち日本人の生活は、身近な山は森からの木資源に大きく支えられていました。

木は燃料になり、建材や家具屋日用品となり、また肥料として畑にもまかれていました。

私たちの生活や農作業は身近な山や森と結びついていました。


 

経済成長、人口増加に伴って、国産木材だけでまかないきれず、外国産の安価な木材が輸入されるようになりました。
さらに燃料の中心が、石炭・石油の化石燃料となり、木製品が石油由来のプラスチック製品に取って代わられるようになりました。
畑では生産効率をあげるために化学肥料が多く使用されるようになりました。
こうして身近な山・森と畑や私たちの生活とのつながりは薄れていきました。
一方、化石燃料の燃焼が急激に増加したことで、大気中の二酸化炭素が増加し、地球温暖化の問題が叫ばれるようになりました。


 

そこで再び山・森の資源を活かすための「野菜作り「が始まりました。
それが「クルベジ」の生産です。

地域にある資源を循環させ(Cycle)有機的につなぐ「クルベジ」の生産は、増加し続けている温室効果ガスを削減し、暖かくなる地球を涼しく(Cool)する効果があります。

クルベジの仕組み

炭焼きをしてバイオ炭をつくります。

間伐材や竹などを炭にします

 

森林や里山から出る間伐材や竹などを炭化します。

木は、光合成により、二酸化炭素(CO2)を吸って酸素(O2)を出し炭素(C)を貯めています。そのため、木を燃やすと酸素と結びついて二酸化炭素を抽出していますが、炭にすると、気に貯まった炭素を安定的に固定化できます。

出来上がった炭を畑に埋めます。

できた炭を畑に撒きます

 

できた炭を更に待機に触れない土中に埋めることにより、炭素が再び酸素と結びつき二酸化炭素として空気中にに排出されるのを防ぐことができます、また炭は、有機微生物のすみかとなり元気な土を作ります。そして元気な土が元気で美味しい野菜を育てます。

クルベジ野菜が街に並びます。

「クルベジ、いただきます!」

 

このように炭を埋めた畑からできたお野菜が「クルベジ」です。クルベジをつくることで、身近な地域の木資源を活用し循環(Cycle)させることができます。そして、大気中の温暖化ガス(二酸化炭素)の減少に貢献し、地球を冷やす(COOL)ことにつながります。

北総クルベジの可能性

北総(千葉県北部)地域には、山武杉というブランド材を産出した「山武市」び杉林をはじめ、
多くの竹林が各地に存在しています。
また都心に近い生産地として、若手の新規就農者が多くいます。豊富にある未活用の木資源を
炭化し、新規就農者の畑にまくことで、地域資源の循環と若手農家の支援につながります。

クルベジに参加しませんか?

木資源の活用をお考えの方
未利用の竹林や間伐材が「クルベジ」の生産を支える「炭」の原料となります。

農家の方
農地に炭を埋めて土壌改良をしながら「クルベジ」を生産しませんか?

北総地域にお住まいの方
北総でつくられた「クルベジ」を食べてみてください!

小売店・飲食店の方
「クルベジ」を販売しませんか?「来るベジをお店で使いませんか?

企業の方
北総クルベジは企業の方からの協賛を受け付けています。CSR活動に活用していただくことも可能です。

他地域の方
お住まいの地域で「クルベジ」の生産をはじめませんか?

関連サイト

「クルベジCool Vege®」の理念に基づいて、田舎(農家)と都会(消費者)をつなぐ架け橋として活動を行っています。